ご寄附のお願い

「れいわ新選組」は2019年夏、
衆参ダブル選挙を想定して政治活動を行います。

どこまでの挑戦が可能か。
集まる金額によって、
候補者を擁立する規模を決めていきます。

必要な金額

衆参ダブル選で挑戦する場合、
10億円が必要。

参院選で最大限の挑戦をする場合、
5億円が必要。

参院選で10人の候補者を擁立する場合、
3億円が必要。

無謀な挑戦に終わらぬよう期限を切ります。

5月31日までに1億円集める

5月31日までに1億円が集められるなら、
その先には3億円〜5億円を集められる可能性があると考えます。
集まり具合によって、上記のプランいずれかを実行いたします。

1万人から1万円いただけると1億円。
5万人から1万円いただけると5億円。
10万人から1万円いただけると、10億円(この場合、衆議院とのダブル選挙にもリーチ)

1万円にこだわっている訳ではありません。
みんなで出し合えば、
巨大政党と並ぶ戦いが展開できるという例です。

千円でも5千円でも、1万円でも、100万円でも。
あなたのできる範囲でのお力添えを賜れれば幸いです。

どの挑戦になったとしても、
余ったお金は、れいわ新選組の政治活動と、
新しく政治に挑戦する方々への援助に使います。

ただし、期限である5月31日までに、
1億円が集まらない場合には、
山本太郎のみ東京選挙区から挑戦します。

ざっくりと費用の内訳

5億円・参院選で最大限やる場合

●参院選・選挙区
2人区以上のすべての選挙区に候補者を擁立する
300万円×13人=3900万円

●参院選・比例代表
25人の候補者を擁立する
600万円×25人=1億5000万円

参院選を最大限戦うためのエントリー費用(供託金)のみで、
1億8千900万円必要。

加えて、選挙活動資金が1つの選挙区で2000万円必要。
(選挙事務所、街宣車、ポスター、ビラ、選挙ハガキ、電話代、選挙公報、新聞広告、PVなど)

寄付額3億円くらいの場合

参院選で10人擁立(選挙区5人、比例5人)
供託金だけで4千500万円。
※1選挙区300万円・比例1人あたり600万円

寄付額1億円に満たない

東京選挙区より、
山本太郎のみ挑戦。

衆参ダブル選の場合・10億円必要

●衆議院選挙・比例代表
全11ブロックに45人の候補者を擁立する場合。
供託金・600万円×45人=2億7000万円

衆参ダブルの場合、
●供託金のみで 合計4億5900万円

ただし、衆議院の小選挙区にも候補者を立てる場合は、
エントリー費用だけで一人あたり300万円に加え、
選挙活動費用(選挙事務所、選挙カー等)が、
1選挙区あたり最低でも2千万円は必要になります。